赤ら顔を最短最速で治す方法

赤ら顔を最短最速で治す方法があったとしたら取り組んでみたいですよね。

こちらの記事ではわたしが赤ら顔を急速的に改善させたときに実践していたことをご紹介します。

赤ら顔を治すうえで大切なのはテクニックではなく考え方

赤ら顔を治す方法というとテクニック的なものをイメージしがちですが、実際はそうではありません。

もちろん化粧水の使い方や、洗顔方法なども重要ではありますが、いちばん大切なのは考え方です。

小手先のテクニックでどうにかしようとするのではなく、根本から肌の調子を上げていくには何に取り組めばいいのかを考える必要があります。

わたしが赤ら顔をなかなか治すことができなかったときは、間違いなくテクニックばかりに意識が集中していました。

例えば、デリケートな肌に刺激を与えてしまうと炎症反応が起こって肌に赤みがでてきます。

そうすると、できるだけ肌に刺激を与えないように優しく洗顔したり、パラベンフリーの保湿剤などを使うことを考えるはずです。

もちろん、そういったこともやったほうが当たり前に良いのですが、もっと大切なことがあります。

例えば、刺激を受けても炎症反応が起きないような丈夫な肌をどうやって取り戻すのかを考えたほうが上手くいきます。

痒みがでて掻きむしって赤みがひどくなっているのであれば、まずは痒みの原因を特定することが大切です。

病院で血液をとってアレルギー検査をしてもらえば、どういったものに反応しているのかが分かるようになります。

ハウスダストアレルギーに陽性反応を示していることが分かれば、部屋のなかを掃除してダニやカビなどを取り除くようにすればいいのです。

食べているものにアレルギー反応があれば、自分の体質にあった食事メニューを作り直すなどするのです。

ただ、病院で抗ヒスタミン剤や痒み止めの入った保湿剤などを処方してもらうよりも、体質改善をはかりながら必要な薬を服用してもらったほうが根本的に赤ら顔を治すことができます。

わたしの赤ら顔に効果があったのはニキビローション

ワセリン、保湿剤、乳液、オリーブオイル

赤ら顔で悩まされていたときのわたしは色んな製品で赤みをなんとかしようとしていました。

そして、最終的にいちばん赤みがマシになったのが、アクネ菌やマラセチア菌などを殺してくれるニキビローションでした。

ニキビローションは皮膚科の先生に処方されたもので、アクアチムローションやダラシンTローションというものです。

最初は赤みのあるところにニキビローションを塗ると物凄くヒリヒリして痛いんですが、痛いのと同時に赤みの原因になっている菌やカビが殺菌されていく感じがしました。

ニキビローションを毎日、定期的に塗っていると毛細血管の拡張度合いがマシになって赤みが引いていきました。

もちろんこの結果はわたしの赤ら顔に効果があった方法なので、他の方にどこまで再現性があるのかは分かりません。

ニキビローションは、アレルギー検査でマラセチアやハウスダストに陽性反応を示している人には効果が期待できるかもしれません。

 


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/affirich/dspenter.jp/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/affirich/dspenter.jp/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/affirich/dspenter.jp/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す