赤ら顔の治療に失敗しないために絶対に知っておいてほしいこと

赤ら顔の治療をするときは必ず専門医の指導のもとで治していくことが大事です。

自己判断で赤ら顔を治そうとすると、余計な時間やお金がかかってしまって、治りも遅くなることがあります。

わたしも過去に赤ら顔に悩まされてきましたが、乾燥肌と赤みを自分でなんとかしようとしてました。

ですが、結局は皮膚科を受診したことで自分の肌にあった薬がみつかって鼻の赤みが大幅に改善されました。

赤ら顔で悩んでいる人は結構多くいるものです。

今は美容皮膚科クリニックで赤ら顔に特化したレーザー治療が行われています。

赤ら顔は毛細血管拡張症という名前でも呼ばれていて、ストレスなどによって肌本来のバリア機能が失われて皮膚が薄くなったときに起こりやすくなります。

赤ら顔の治療を成功させるには皮膚科専門医に診てもらうのに加えて、いくつかの注意点があります。

赤ら顔の治療に自己判断でステロイド剤を使用するのは禁止

赤ら顔には、酒さ様皮膚炎や脂漏性皮膚炎や毛細血管拡張症など、いろいろな症状が合わさっていることがあります。

アレルギーが原因で皮膚に赤みがでていることもあるので、治療方法は人それぞれ異なります。

軽度の赤みであれば薬用ローションなどを使いますし、ひどい炎症があればステロイド剤を使用したりします。

わたしは赤ら顔の治療のときにロコイド軟膏という軽めのステロイド剤を皮膚科専門医に処方されました。

ステロイド剤を赤ら顔の治療で使うことは少しリスクがあります。

ステロイドによって炎症が改善されても、副作用で皮膚が薄くなると赤みがでてくる可能性があるからです。

ただし、長期間ステロイド剤を使用するようなことがなければ、極端に皮膚が薄くなることはありません。

この部分に関しては皮膚科専門医と十分に相談してからステロイド剤を使用するかどうかを決めていきます。

わたしの場合は強い赤みをまずはロコイド軟膏を使って抑えました。

それから赤みの原因になっている菌やカビの殺菌をニキビローションを使って治療していきました。

やってはいけないのが、赤ら顔とは関係のない皮膚のかゆみのときに処方してもらったステロイド剤を使用することです。

ステロイド剤には軽いものから、中程度のもの、重いものまであるので、絶対に自己判断で安易にステロイド剤を使ってはいけません。

強いステロイド剤を使って皮膚が薄くなることで、余計に赤みが目立って治りにくくなる可能性があるからです。

ステロイド剤を使用するときは皮膚科専門医の指導のもと処方してもらいましょう。

赤ら顔の症状がでているときは香辛料などの刺激物の摂取は禁止

肌に赤みがでているときは、唐辛子や胡椒などの香辛料は食べないようにしましょう。

赤ら顔の治療がうまくいっているのに刺激物を食べてしまうことで症状がぶり返すことがあります。

せっかく赤みがおさまっているのに、刺激物を食べて症状が悪化すれば治りが悪くなります。

スパイスの効いたカレーや麻婆豆腐などは食べないようにして、和食中心の食生活を心がけてください。


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/affirich/dspenter.jp/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/affirich/dspenter.jp/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/affirich/dspenter.jp/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す