【赤ら顔】汗をかくとヒリヒリして赤みが出てくるときの対策

【赤ら顔】汗をかくとヒリヒリして赤みが出てくるときの対策

赤ら顔になると運動をして汗をかいたときなどに痒みと赤みが増してヒリヒリします。

特に赤みのある皮膚に汗がつたったときは、痒くなりやすく、ついつい爪を立てて掻きむしってしまいがちです。

わたしが赤ら顔で悩んでいる時に、よく痒みを感じていた箇所は、眉間のあたりと鼻の下と小鼻のまわりです。

汗をかいた後は、必ずといっていいほど顔全体が赤くなってヒリヒリしていたので、なにか良い予防法はないかと模索していました。

汗には塩分やミネラルが含まれているので、バリア機能が低下したデリケートな肌にとって大きな負担になります。

汗をかきそうなときはワセリンで肌を保護する

汗をかいてしまうと赤ら顔の症状が悪化します。

そこで、わたしが汗をかく前の予防として試したのが白色ワセリンです。

スポーツや入浴をする前にワセリンを塗っておくことで、皮膚がワセリンによって守られて汗から肌を守ることができます。

ワセリンをただ塗るだけですが、これをするだけで皮膚がかぶれにくくなるので、赤ら顔の治療もスムーズにすすんでいきます。

ワセリンは副作用が少なく皮膚の保護剤として助けとなってくれるので、非常に安心できる成分です。

白色ワセリンは無香料・無着色・パラベンフリーですが、石油から作られているのでワセリンが肌に合わない方も稀にいます。

あらかじめワセリンが自分の肌に合うのかどうかチェックしておきましょう。

ワセリンはあくまでも皮膚の保護剤としての使用がオススメ

白色ワセリンは汗をかいたときに皮膚の保護をしてくれるので重宝します。

ですが、常時ワセリンを肌に塗るのはオススメできません。

ワセリンは油分が多いので、赤みのある場所に使用し続けるとニキビや吹き出物の原因になります。

また、肌に合わない場合は逆に痒みを増長させてしまって、炎症の原因にもなるので、赤ら顔に特化した化粧水や治療薬を使用するようにしてください。

もちろん、界面活性剤などを使用した美容液や乳液に比べればワセリンは肌への負担も少ないです。

べっとりワセリンを塗ってしまうと皮膚呼吸ができない原因にもなるので、長時間の使用はオススメできません。